上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
幕末歴史研究家(自称)としては、京ばかりの研究では片手落ちなので、10月14日(日)高知に行ってきました。
特に、「龍馬脱藩の道」を少しでも歩けたので、紹介します。
幕末の風雲急を告げる文久二年(1862)春、坂本龍馬は梼原(ゆすはら)から那須俊平・信吾父子の案内で盟友澤村惣之丞と共に、偉業夢見て韮ケ峠(にらがとうげ)から国境を越え(伊予の国へ)維新動乱の渦中に身を投じ、それから六年、明治維新は成り、近代国家が誕生しました。どの時代でも、本人の情熱と協力者がいないと成就しないものですね。
P1030120_R.jpg
P1030125_R.jpg
P1030132_R.jpg
スポンサーサイト

2012.10.18 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。